<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

黒夢 BEFORE THE NEXT SLEEP vol.2 「毒と華」
JUGEMテーマ:清春・SADS・黒夢

セットリスト
se. ZERO
01. I HATE YOUR POPSTAR LIFE
02. CLARITY
03. 13 new ache
04. Someone
05. heavenly
06. FREE LOVE, FREE SEX,FREE SPEECH
07. くちづけ
08. A LULL IN THE RAIN
09. Love Me Do
10. アロン
11. 人時 Bass Solo
12. MASTURBATING SMILE
13. FASTER BEAT
14. Suck me!

カウントダウン

15. FAKE STAR
16. C.Y.HEAD
17. Sick

en1
1. HELLO,CP ISOLATION
2. ROCK’N’ROLL
3. CANDY

en2
1. 優しい悲劇
2. ミザリー
3. 棘
4. for dear

en3
1. 後遺症 -after effect-
2. KINGDOM

en4
1. Like @ Angel


***


45分押しでライブスタート。開演時間に会場につくように家を出たけど正解だったわ。
外のロッカーに荷物入れて、携帯だけ持って会場に入ったんだけど、Zeppって中にもロッカーあるんだね…!
ここに来るのは2回目だけど、初めて知ったよ。これだったら冬でも半そでやタンクトップになれるし、一つ賢くなったわ。
外は大寒波の大晦日、しっかり着込んでいきましたとも。

今日はいつもと違ってI HATE YOUR POPSTAR LIFE始まり。
MCでは、名古屋最高!というけど、実はどこでも最高と言っているという話。だから次回のライブの時には名古屋最高は嘘になる!だけど、回数を重ねてファイナルになると場所は結局名古屋だから、名古屋最高は本当になる という屁理屈を述べておられた。笑
今日のドラムはゆうすけ。「ドラムー」「ゆうすけ!」の掛け合いの練習をしてみる。

(いつも大阪で年越ししているから)名古屋での年越しは久しぶり。黒夢での年越しは4回目くらいだよね?
前回は横浜かどこかでカウントダウンジャパンみたいなやつの時だったような…名古屋バンドということで肩身が狭くて、廊下が楽屋だったんだよね…と、その時共演した先輩をクソ扱いしていたよ。笑

今回のアコースティックパートは3曲と長め。
FREE LOVE〜A LULLまでだったんだけど、この曲はアコースティック以外で聞きたかった…
A LULL IN THE PAINでミスった人時さんに向かってねちねち言い出す清さん。

アコースティックパートの時点ではカウントダウンジャパンまであと1時間半だったんだけど、そのあとはあっという間。
Suck Me!の途中をぶちんと切る形で、「2015年まで、あと90秒!」。長っっ!90秒あればSuck Me全部演奏し終わったんじゃないの?笑
そしてまさかの20秒前からのカウントダウン開始。これまた長いな!
最後の10秒葉みんなで声をそろえてHAPPY NEW YEAR!
…からのいきなりFAKE STAR。このためにしょっぱなにやらなかったんだ!と嬉しくてしょうがない。

20秒カウントダウンのかっこ悪さについてはその後のMCでも触れてたけど、カウントダウンの準備やトイレに行ってる人をおもんぱかって20秒カウントダウンにしたみたい。
時間を守るのが苦手なのによく頑張ったと自画自賛していた。笑
そしてカウントダウンがちゃんと成功したことに満足しているみたいでした。

それにしても棘がいいよね。かなり好きな感じ。
一緒に行った彼氏はアンコールで優しい悲劇をやった時には大興奮。
「毒と華」では新しい曲多めとのことだったので、やらないと思っていた模様。

今回は最後まで人時に絡みに絡みまくってましたな。
そして最後はミスしたゆうすけまで絡んでました。ミニミニ清春(MMK)というかわいらしい声で毒を吐く生き物が出現していました。笑
人生決まった分だけ楽しいこともつらいこともあるけど、コツは忘れていくこと
そのおかげで僕も人時くんも楽しく生きていられる。

それにしても清さんは普通であることをとてもいいことを言っているかのように言える人だなあと思う。
だからいつも最後の軽くて重い「愛しています」にときめいてしまうんだなあ。

毎回毎回「今回で黒夢は最後かもしれない」と思いながらライブに行くんだけど、本当に今回が最後になってしまうかもしれないなあ。
大都市でやってくれればいいんだけど、それもないかもしれないしねえ。
でもよく考えてみれば、黒夢を知った高校3年生の時にはその約10年前に無期限活動休止してたバンドのライブに行けたことが
その当時からしたらありえないことだし、幸せなことなんだよなあ。
そんな真っ黒な夢を見させてくれた清さんと人時さんに感謝。
 

Posted by at 19:31 |  ┗そのた | comments(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク at 19:31 | - | -

コメント
コメントする







Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Bookmarks

Recommend

Profile

Ranking