<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

20th Anniversary Final GLAY in TOKYO DOME 2015 Miracle Music Hunt Forever
JUGEMテーマ:GLAY

セットリスト
1. HEROES
2. young oh! oh!
3. everKrack
4. Freeze My Love
5. 妄想コレクター
6. 祭りのあと
7. Only Yesterday
8. 浮気なKISS ME GIAL
9. pure soul
10. つづれ織り〜so far and yet so close〜
11. 奇跡の果て
12. BLACK MONEY
13. 誘惑
14. 百花繚乱
15. FAME IS DEAD
16. TILL KINGDOM COME
17. BLEEZE

encole
1. さくらびと
2. HOWEVER
3. SOUL LOVE
4. SHUTTER SPEEDSのテーマ
5. 微熱A gielサマー
6. MUSIC LIFE

**



この日は快晴!夏なんじゃないかって思わせるくらい暑かったな。
今回の席は一塁側スタンドと案内があったけど、ほとんど中央、最奥の部分でした。
2階スタンドのちょうど真ん中くらいのところで、目の前には大きな白いバルーン付のゴンドラが!
メインのステージはMMHとほとんど変わらず、SEも同じだったので改めてMMHのファイナルなんだろうなあと思ったよ。

10年前の東京ドームの映像が流れて、メンバーが選手控えのところから登場!
物凄く近くてテンション上がりまくるよね。
そしてそのまま目の前のゴンドラに乗って、ぐるっと会場一周。
わたしたちのところにはJIROとTAKUROがやってきました。
TAKUROはどこぞのスーパースターのようになってたし、JIROは一生懸命柵を握りしめててかわいかった。笑
バックステージまでぐるっと回ってからメインステージに降りていくんだけど、JIROは早々に降りてました。
そしてステージの中心にはいつの間にか白のジャケットが…!
TERUがジャケットを羽織ると歓声はピークに!

そしてそのままHEROES!いきなりリボンがぱーん!
直前にリリースされたCDに入ってたので予想してたyoung oh! oh!もやってくれたよ。
MCではステージからの景色を見せたくなったらしいTERUがカメラさんを呼んだんだけど、いきなりすぎてカメラの調整できず。残念。
everKrackでは相変わらず映像で楽しませてくれます。普段はいくら映像が面白くても生メンバーを見ることにしているんだけど、
今回はあまりにも遠かったので映像を楽しんだよ。
昔のジャケットがわさわさ動き出すの。そしてプリクラ風の「チャリで来た。」尚節で面白い。
そして最後、HISASHI写真のステッキがみょーんと伸び、TERU写真がひっそりと画面から去っていくのが一番ツボでした。
そのまま寸劇突入、TERUが子供たちをいじめまくります。「うわ、コスプレの人だ!」に思わず笑ってしまったわ。
「取るんじゃない、永遠に借りるだけだ」や「わははは、クソガキが」とか、絶対言ってみたかっただけでしょ!笑
そして始まる浮気なKISS ME GIAL。
目の前にあった青い大きな風船が割れてその中からは小さなズラー風船がたくさん!

pure soulはオーケストラとともに。
結構よく聞いているイメージある曲なんだけど(と言っても「大事なところにしかやらない」らしいけど)、オーケストラとのアレンジも素敵。
そしてそのままつづれ織りっていう流れね。あのイントロwithオーケストラ、もう涙涙。
止めようと思っても涙が止まらなくて、こんな状態になったのが久しぶりすぎて自分でもびっくり。
泣きすぎた結果つけまつげが目に入っちゃってむしり取るっていうね。笑

GLAY'S FILMも続きが。
なぜかTAKUROも参戦してみつどもえ状態に。ところで、たたいてかぶってじゃんけんぽんとかどうなったのかね?
GLAY'S FILMはいっそのこと一つの作品としてまとめちゃって欲しいです、はい。
そこからは盛り上がりナンバーが続きます。
盛り上がった勢いのまま、本編は終了ー。

MMHと同じく、アンコールはほとんど強制。笑 なんだけど、アンコールの一連の流れが終わってみんなメンバー登場を期待してしーんとしていたらタースーは拗ねてしまわれた。笑
TERUの4.0の視力で探すという茶番を経て、10年前の東京ドーム公演でサポートキーボードをした斎藤さんとともに、さくらびと。
今回初めて聞く曲なんだけど、近い将来これがもっと自分のものとして実感する日があるんだろうか。
HOWEVERの後は久しぶりのSHUTTER SPEEDS!
微熱A girl summerからのMUSIC LIFEで終わりでした。

TAKUROの「この命を、この人生をGLAYに捧げる」という一言、TERUの「夢は叶う叶うって言ってたけど、もしかするとかなわないこともあるかもしれない。でもそれに向かって行くことが大事なんだ」というMCが印象に残ったライブでした。
…なんだけど!
2日目のほうがより盛りだくさんで楽しかった!
ということで2日目に続く。
 

Posted by at 09:51 |  ┣GLAY | comments(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク at 09:51 | - | -

コメント
コメントする







Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Bookmarks

Recommend

Profile

Ranking