<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

BUNGBOX芋皮

先にプロフェッショナルギアスリムに入れてしまったサムシングブルーのことに触れちゃったんだけど、
わたしの3色目のインクがこちら、「Sweet Potato Purple omaezaki」。
すなわち「サツマイモの紫 御前崎」という名前のインクです。
BUNGBOXオリジナルインク。店内の色見本では「芋皮」とかいてありました。



ー御前崎のさつまいもの歴史は古く、その由来は今から240年以上も前の江戸時代(1766)にさかのぼります。
 当時、御前崎沖で薩摩藩の御用船「豊徳丸」が座礁し、その船員24名を二ツ家の組頭・大澤権右衛門親子らが助けました。
 権右衛門は薩摩藩からの謝礼金20両を断り、3種のさつまいもとその栽培方法を伝授されました。
 静岡県の遠州地方にさつまいも栽培が普及したきっかけは、この御前崎の出来事からだと言われています。
 BUNGBOXではこのサツマイモの皮の色とみの色をインクで表したいと考えました。
 そして、御前崎で作られている「はまこまち」という品種に着目。皮の色は紫でも、茶色でもない色です。

 (BUNGBOX店長さんがつけてくれた説明書より一部抜粋)

この芋皮、本当に紫と茶色の真ん中らへんと言えばいいのか、何とも言えない渋い色。
書いたばかりは茶色が目立つ濃い色ですが、時間がたつと紫色がだんだん強くなってくる。

実はこのインク、秋限定のもの。
前回BUNGBOX88を買いに行ったとき、次のインクはどうしようか考えていたんだけど
この紫色がいいな、と思ったんです。
手持ちのインクは青系統が多いんだけど、赤のインクはなかなか使うときがない。
だけど少し遊び心が欲しいなあ…と思ったらこの芋皮がぴったりでした。
BUNGBOXでは紫系統のインクは3種類くらい取り扱っているんだけど、いくつか試し書きしてみて
渋すぎない、けれど明るすぎない…というところでこちらに決定。
その時はまだ秋ではなかったので買えなかったのだけど、10月半ばに沖縄旅行に向けてターコイズのインクを探しに行ったら
この芋皮がラスト1点だったのでそっちを先に購入したのでした。
(結局BUNGBOXオリジナルインクでターコイズに近かったのはターコイズとは別に狙ってたサムシングブルーだったため、この時は入荷を待つことにしたのでした。そしたら沖縄に行く直前にインク吸入サービスイベントがあったのでラッキー!)
ふふふ、インクたくさん集まってきて嬉しいな。
お手紙を書くときにどのインクにしようか悩むときが楽しすぎます。
 
 
 

Posted by at 10:15 | おかいもの | comments(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク at 10:15 | - | -

コメント
コメントする







Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Bookmarks

Recommend

Profile

Ranking